現在のぺージ
Home > 平敦盛 > 敦盛桜2019<兵庫県神戸市>

敦盛桜2019<兵庫県神戸市>

須磨浦一帯に咲き誇る敦盛桜

須磨寺~敦盛塚~須磨浦公園~須磨浦山上遊園付近に咲く桜が敦盛桜と名付けられて7年。
関西最大級のエンタメ夜桜も年々パワーアップしています!!

先ずは昼間の青空に映える桜。

須磨寺

平敦盛の首塚や源平の庭、宝物殿にはゆかりの品々が展示されている須磨寺。
源平の庭では一ノ谷合戦の時、熊谷直実が敦盛さんを呼び止める場面が再現されているのですが桜と一緒だと大変美しくみえます。

源平の庭

熊谷直実と平敦盛像

平敦盛卿八百年遠忌に再建された三重塔。
須磨寺三重塔

一ノ谷合戦を歌った唱歌「青葉の笛」の曲が流れます。
メロディが流れる

桜とともに

桜が多い境内。
須磨寺

山陽電車「須磨寺」駅徒歩10分。

次は須磨寺駅から2駅移動して須磨浦公園駅下車。

敦盛塚

日本で2番目に大きい五輪塔は敦盛胴塚、もしくは一ノ谷合戦の戦死者の集め塚とも云われています。
史跡 敦盛塚

ちらほらお参りの方も

敦盛塚では毎年3月の第一土曜日に「敦盛祭」として源平一ノ谷合戦で亡くなった人々の法要が行われています。
敦盛祭のレポート → https://genpei.sakura.ne.jp/genpei-shiseki/atsumorisai-834/

山陽電車「須磨浦公園」駅より西へ徒歩5分。

須磨裏公園

駅の東側は一ノ谷合戦の激戦区となった場所で戦の濱碑などがあり、昼の花見客や散策中の人が多いです。
桜並木

毎年2月7日早朝には馬のいななきが聞こえるとか

駅の西側は夜桜、それも山陽電車プレゼンツ『関西最大級のエンターテインメント夜桜』として毎年様々な工夫があり、毎年大勢の人が訪れています。
駅前で出迎えてくれた装飾。今年はピンク基調。
毎年変化あり

坂を上がるとエンターテインメント夜桜のプロジェクションマッピングなどの仕掛けがあるエリアです。
提灯もかわいい

桜に辿り着くまでの場所にも光の演出が楽しいです。
18時~18時半ころから点灯開始しますが、そのころはまだ明るく完全に暗くなってからの方がきれいです。
天空の虹と光のシャワー

光林(こうりん)

テーブルマッピング「春の訪れ」
配布されるコースターを机の上に置くと映像で桜などが飛び出す仕掛けが楽しいです。
春の訪れ

昨年は最終日に訪れたらコースターをいただけましたが、今年はまだ残り日数があるためか返却でした。
記念に欲しかった〜!!

プロジェクションマッピング「須磨浦、春の海」
歩いている道に映し出されるプロジェクションマッピングは毎年変化がありとても楽しみです。
今年は桜の花びらや波紋、色とりどりの魚の群れが現れました!!

プロジェクションマッピングも楽しいですが、ライトアップされた夜桜も♪
夕方の敦盛桜

ライトアップ

敦盛桜スイーツで一番オススメなのはさくらシュトーレン。1300円。
毎年早い段階で完売となってしまい、今年は販売から5日目の午後で残り3つでした。
桜シュトーレン

パイコルネも美味しいですが、冷凍のため持ち歩きには向いていません(^^;
購入後すぐに食べるのがよさそうです。

定番となっている敦盛桜の名がついたスイーツの他、今年はお芋スイーツが人気を集めていました。
贅沢いもパフェと温かい おいもラテ
贅沢芋パフェとおいもラテ

おいもまつり同時開催

このイラストの敦盛さんとツーショットが撮れる場所もありますが、撮影し忘れました…
御朱印帳にも登場。こちらは須磨寺でお求めいただけます。
御朱印帳

そして、須磨浦山上遊園に行こうとしたら満員のため営業終了していました(^^;
桜の時期は大変な混雑

須磨は昔から桜の名所。
敦盛さんを思いながら愛でて楽しむ桜、ステキですね。
山陽電車さん、今年も開催ありがとうございました(^-^)
須磨浦

敦盛桜の開催期間などの情報は毎年3月半ばころに山陽電車ホームページなどで公開されます。

Share
Top